株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業内容へ
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
Yoshida Biological Laboratry IMG
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
古代遺跡、ケミカル‥バイオ。新しい技術への挑戦
株式会社 吉田生物研究所 Yoshida Biological Laboratry
News&Information
2010.1.12 (tue) 
世界に先駆けて、100Sリボソームを発見

100Sリボソームは大腸菌などのグラム陰性菌だけでなく、グラム陽性の黄色ブドウ球菌にも存在する。(M. Ueta, C. Wada & A. Wada, Genes to Cells, 15, p48, 2010)

繊維製品の保存処理受託
与勇輝氏の作品を残す技術
当研究所では、繊維製品の保存に効果のある処理剤を開発致しました。
この技術による繊維製の作品など、保存処理致します......
   >> 続きを読む
当研究所では、与勇輝氏の作品を後世へのこすため、保存処理作業を行っております。
RFHR2次元電気泳動法による蛋白質の分析受託
実りの秋、そのままに-稲穂の完全保存技術
貴重な文化財が蘇る技術。-文化財部門
乳がん触診シミュレータ