株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > 劣化防止作業
繊維製品の劣化を防ぐ保存処理
劣化防止作業
繊維製品の劣化を防ぐ
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
劣化防止作業--工程1
今回依頼のあった人形は、防虫・防湿を考慮した専用ケースに収められ保管されていました。
このように大事に保管していても劣化は防ぎきれないものです。
劣化防止作業--工程2
繊維や染色の違いで、劣化状況はそれぞれ異なります。それらを1つ1つ細かく確認していくことが大きな意味を持ちます。
劣化防止作業--工程3
人形一体につき、使用されている材料は数種に及びます。中には10種以上のものも珍しくありません。
劣化防止作業--工程4
各々に適した処理剤を、その箇所に合せて塗布していきます。選択を誤ると、色落ちや風合いの欠如につながり、取り返しがききません。直接劣化した繊維を扱う工程なので、特に慎重さが求められる作業です。