株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ報部研究情門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > オリジナル製品一覧 > 文化財専用樹脂「アルタイン」シリーズ
製品情報一覧へもどる
研究所開発 オリジナル製品情報
文化財専用樹脂「アルタイン」シリーズ...さまざまな文化財の修復用途・素材に対応した樹脂です。
お預かりしている大切な文化財などの修復に、より良い製品を使うことがお客様への誠実さの証であると考えます。
樹脂『アルタインD』
この商品について問い合わせる
本樹脂は、脆弱な土器や接合の負荷がかかる大型埴輪等の保存修復用に開発されました。使い易さを追求したので、希釈することなく使用可能です。また、一度乾燥させた後に、重ねて塗布することでさらに強化できます。
浸漬、塗布、噴霧とさまざまにお使いいただけます。
用途
対象
脆弱な土器等の胎部・破断面強化
埴輪、土器など
樹脂『アルタインG』
この商品について問い合わせる
脆弱化した素材(木質など)の補強ができます。
フィルムにして、表面部分の彩色などを固定(剥落止め)できます。
光沢を抑え、自然な仕上がりです。虫喰いによる虫穴などへ充
填することもできます。
金属製遺物には、(アルタインG-2)を用意しております。
風化による木像表面の劣化進行状況(カヤ・小口の図)
用途
対象
脆弱化した木質文化財、金属製遺物の補強など
木造彫刻、木工品、建築材、金属製遺物など
樹脂『アルタインM』
この商品について問い合わせる
アルタインMによる接着部分
破損した木質文化財の保存修復用に開発されました。
硬化後に彫刻刀などで木材のように切削・加工できます。
硬化後無数の空隙が形成されるので、色合せが容易です。
虫喰いによる虫穴などへ充填できます。

左:アルタインMによる接着部分(大小の空隙が見える)
用途
対象
木質文化財の欠損部の充填、接着
木造彫刻、木工品、建築材、金属製遺物など
樹脂『アルタインMH』
この商品について問い合わせる
伝世品や保存処理後の考古遺物の修復に幅広く用いることができます。
筆積みタイプ(MH-1)と、パテタイプ(MH-2)があります。接着・充填・補強・塑形が容易に行えます。
アルタインMよりも硬くなり、彫刻刀での切削はできません。
用途
対象
文化財の修復用に汎用性の高い充填樹脂
考古遺物、金工品、陶磁器など