株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > インフォメーション一覧 > 研究成果「genes to Cells」2017年5月号 掲載
2017.7.26(wed)
Information
研究成果「genes to Cells」2017年5月号掲載
バイオ情報研究部門より、最新の研究成果を「Genes to Cells」誌(2017年5月号)にて発表しました。   
論文の要旨は下記をご覧ください。掲載論文はこちらからPDFで閲覧できます。(※英文)   
大腸菌の持つ、本来の蛋白合成能を測定することが可能になりました。RFHR二次元電気泳動法を用いることで初めて発見されました。今後のリボソーム研究にとって、極めて大きな発見であるといえます。