株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > インフォメーション一覧 >世界初!幻のサメ 全身骨格標本完成 朝日新聞ほか2018年12月7日 掲載等記事
2018.12.7(Fri)
Information
世界初公開 メガマウスザメ 全身骨格標本
世界初公開 全身骨格標本
平成30年12月7日〜一般公開 鴨川シーワールド
世界でも非常に希少なサメである「メガマウスザメ」は、全身の骨が軟骨でできているためにこれまで骨格標本がありませんでした。 このたび、弊社のプラスティネーション技術で全身の骨格を標本化することに成功しました。   
北海道大学 仲谷一宏 名誉教授に監修していただき、無事に鴨川シーワールド様へお返しすることができました。その名のとおり、大きな口を開けています。是非、実物をご覧ください!
一般公開