株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > 文化財部門 TOP > 近代資料の保存・修復作業
文化財部門一覧へもどる
文化財部門 Cultural property section
近代資料の保存・修復作業
民俗文化財の保存処理・修理
民俗文化財 漁網
手水鉢の修復
国指定重要有形民俗文化財 漁労用具
民俗文化財の保存修理 伝統柄羽織物 青い目の人形 甲冑 魚網 獅子頭
(写真1段目) 漁網
(写真2段目) 手水鉢
(写真3段目) 国指定重要有形民俗文化財 漁労用具
(写真4段目 左上より) アイヌ伝統柄羽織物、青い目の人形、甲冑、魚網、重箱獅子頭
人類の発達と共に進化してきたさまざまな道具は、営みを色濃く残す大切な史料です。
近年、使われなくなった道具のほとんどが廃棄され失われつつあります。現存する生産用具・生活用品を次の世代へ伝えていくため、保存処理を行っています。
文化財部門では、民俗文化財の保存・修復や整理を行っています。