株式会社吉田生物研究所
Information
研究所最新情報
インフォメーション一覧へ
バイオ情報研究部門
バイオ情報研究部門-業務内容
バイオ情報研究部門-研究員プロフィール
バイオ情報研究部門-蛋白質分析受託
for English
研究開発部門
研究開発部門-業務内容
文化財部門
文化財部門-業務内容
文化財部門-事業一覧
教材製作部門
教材製作部門-業務内容
教材製作部門-製作事例へ
製品情報
製品情報-電気脱色装置EDAT
製品情報-EDAT専用周辺機器
製品情報-文化財専用樹脂
製品情報-含水木製品保存液
製品情報-研究用消耗品
繊維製品の保存受託
人形など繊維製作品をそのままに
よみがえる人形作品たち
劣化防止作業
会社概要
会社概要-企業概要
会社概要-組織概要
会社概要-交通・地図
会社概要-お問い合わせ
for English
トップページへもどる
電気脱色装置EDATについて
蛋白質分析受託業務
生物を完全に保存する
埋蔵文化財の復元
ENGLISH(Bio-information)
バイオ情報研究部門
研究開発部門
文化財部門
教材製作部門
HOME > 教材製作部門(Plastination)TOP > 魚類(Fish) ハリセンボンほか
魚類標本
- 新しい形態の展示資料を [ハリセンボン]
瓶の中へ窮屈に押し込められた標本や、虚勢をはったような剥製の時代は終わりました。当社オリジナル技術であるプラスティネーション加工により、実物により近い資料が完成しました。もちろん、腐ることはありません。
ハリセンボン標本

有明海に棲むムツゴロウ(魚類スズキ目ハゼ科)

※これは展示資料です。
当社オリジナル技術で実物をプラスティネーション加工したものです。愛嬌のある表情や、特徴的な背ひれも実物そのままに見ることができます。
(注)生きたムツゴロウを観察する際は、全身泥にまみれています。
攻撃する時や威嚇する時などには大きく開く背ひれ。鮮やかな斑点が特徴的です。
ムツゴロウの標本
サカナなのに、腕があるの!?
X線撮影ムツゴロウ
ムツゴロウ標本のX線撮影を行ったところ、驚きの事実が!
実物をプラスティネーション加工する、弊社の標本ならでは、の結果です。
シマアジ、ナマズ、・・・ 
シマアジ標本
ナマズ標本
カツオ標本
製作物一覧へもどる